プロに任せるシロアリ駆除|安全に暮らすための方法術

深刻な被害状況

2人の作業員

住み着かれると困る

近年では、住宅街に餌を求めてハクビシンが現れるケースが増えています。ハクビシンは一見、とても可愛らしく見えるのですが、人を襲うくらいに凶暴です。また、運動神経がとても良く、家周りの雨樋を登って容易に屋根裏に侵入してきます。寒さに弱いので、特に冬は屋根裏の断熱材を利用して巣を作る習性が有ります。ハクビシンが屋根裏に住み着くと、人間にとって深刻な被害がもたらされます。そのひとつが、糞尿を大量にされることです。しかも、同じ場所に糞をするために、天井が重みで抜け落ちることもあります。それと、糞のせいで屋根裏でダニやノミ、悪質な細菌がたくさん繁殖します。それで、特に体が弱いお年寄り、子供にアトピーや気管支炎などの被害が生じます。また、電線をかじられて火事になるという恐れも有ります。このように被害がたくさんあるので、すぐにハクビシン駆除をしたほうがいいといえます。

業者に依頼する注意点

住宅にハクビシンが住み着いたら、深刻な被害が生じる前にハクビシン駆除を行うべきです。専門業者に依頼すれば、被害状況を確認して最適な駆除方法を考案してくれます。ですが、近年、ハクビシン被害が増えるとともに、悪質なハクビシン駆除業者が問題となっています。悪質業者は、駆除工事を安価で釣ってから追加工事で費用をさらに請求してきます。広告などで、他の業者と比べてあまりにも安い駆除を謳っている業者は避けたほうが良いです。きちんと信頼できるところなのか確認して、ハクビシン駆除業者を選ぶ事が大事です。法外な金額で契約して困っている場合は、各都道府県の消費生活センターへ相談すると良いです。知識のあるスタッフが、法律に基づき対処してくれます。